まったりヲタ生活


by hisyamaro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

にゃんにゃん棒

最近モンハンものを購入しますた。アイルーとにゃんにゃん棒のキーカバー↓
c0157797_12552153.jpg

激萌えっス(笑)
難点は、ボールチェーンをつかってるとこ。もしかしたら外れるかも。
嫁はモンハン印のキーホルダーとにゃんにゃん棒。渋いっす。ボクのキーホルダーはちょっと前に買ったダヤンの。とても愛着があります。
c0157797_12523772.jpg

c0157797_12534319.jpg

[PR]
by hisyamaro | 2008-08-21 13:01 | カイモノ
ってわけで、押井守監督の最新作、「スカイクロラ」観て来ました。森博嗣さんの原作シリーズの中で、この作品は最終巻からの話らしい。(残りを図書館で借りるか、オークションで手に入れようかな。)
押井さんの作品を映画館で観るのは、実は2回目(笑)・・・1本目は「うる星やつら/オンリーユー」。とても熱心なファンではありません。それでも「紅い眼鏡」とか含めて作品のほとんどは観てるし、「攻殻・・・」は、「カリ城」の次にフェイバリットなアニメ映画です。「パトレイバー2」もGJ。「立喰師列伝」はちょっとつらかったかなあ(笑)
今回、日テレがらみってこともあり、ジブリと同じコマーシャルに走ったキャスティングなので、心配しながら見たのですが・・・。
とりあえず押井さんらしい快作。普通に面白い。でもちょっと雰囲気がちがうんだな。なんかよく言うと普通の人もわかりやすい。・・・悪く言うとなんか客にちょっと媚びてないかな?ってかんじだ。・・・敷居を低くしたのかな?
押井さんの作品といえば、虚構と現実の境界っぽい世界、兵器、ガジェット類のこだわり、難解な語り口といったイメージが思い浮かびます。・・・これまでは、難解なのが押井作品、いっぺんみたって解らないの(何回も観るの)が押井作品だった(笑)この作品だったら例えば「金曜ロードショー」なんかで放送しても全然OKのハズ(笑)。
あと、これまで男女関係の描き方が純情(笑)っていうか、ストイックな気がしてたんだけど、今回はちょっとエッチっていうか、大人の描写っていうところが押井さんらしくない(笑)・・・まあ演じているのは、子供なんだけど。

あとは、思いつくままに書いちゃおう。

「テーマ」・・・テーマって本当は観た人がそれぞれ自分で感じとるものだから、それを言葉にしちゃうとすごくチープだよね。とくに押井作品ではうまくオブラートでくるんでわからないようにしてるイメージが強かったけど、この作品に関してはストレートに描き出されているような気がする。「キルドレ」って、やっぱり「ニート」とか「引きこもり」とか「自分探しを延々としている人たち」(笑)に対するメッセージなんだろうな?

「キャスティング」・・・最初はダメダメなかんじがしたんだけど、これが意外とイイカンジ。とくに草薙水素役の菊池凛子さんが(・∀・)イイ!! ポツリポツリとしたセリフがまさにキルドレ。萌えるぞっ!!あとねぇ、榊原良子さんがやっぱりスゴイねえ。素人(ゴメン)が多いから一番存在感があるの。「2.0」では家弓家正さんに代わってこの人が人形使いだったそうで。(クロトワからクシャナ殿下へ(笑)。映画は観れなかった。残念。)

「映像」・・・「イノセンス」であれだけの世界にいっちゃったんで、CGも今回は控えめって聞いてたけど、やっぱすごいです。雲スゲェ~!「散香」かっくい~っ。あと人物が非常にいいカンジでCGに溶け込んでいます。あれだけのCGだったら普通は浮きまくるのにね。

「音」!!・・・今回一番関心したの・・・っていうか発見したのが「音」の演出。スゴイの一言。エンジン音とか音そのものもスゴイんだけど、画面に映ってないものを音で表現する演出ってのを初めて体感したよ。ぜひ映画館に足を運ぶべきだ。

「タバコ」・・・喫煙者は、絶対映画館を出た後一服するだろうな。とにかくタバコを吸うシーンが多い。サブリミナルみたいに(笑)。嫌煙権みたいなものが蔓延って、喫煙者がどこからも締め出される今の日本に対する監督なりの反抗ってカンジがするほど、登場人物みんなタバコ吸うの(笑)。ずいぶん止めていたのだけど、ボクも吸いたくなりますた。この間徹夜で麻雀したときに一箱あけたら気分が悪くなった。やっぱ吸えないや(笑)。

「主題歌」・・・これはサスガに疑問。なぜこの曲がこの物語のエンディングに必要なのだろう?川井憲次さんの音楽でイイカンジに押井ワールドが展開されてきたのに、終わりにこのぶち壊し方はないだろう!ぜんぜん合ってない。制作側が使えっていってきたのだろうが、これはないよ。歌詞とか見ても、この曲を使う必然性は感じないし、綾香って人はおそらくこの映画の内容も知らないのでは?ディレクターズカットとかでは消して欲しいです。

というわけで「スカイクロラ」・・・いままで押井作品に愛情があるボクの総合的な感想は、ちょっとものたりない・・・「オシイ星人」なのでした。

c0157797_22185599.jpg

[PR]
by hisyamaro | 2008-08-14 22:05 | エイガ
っていうわけでDSソフト「ひぐらしのなく頃に絆」をプレイしました。ちなみに全4巻のうちの1巻目。DSは「レイトン教授」以来久々のプレイでございます。
「ひぐらし」はパソコン版、PS2版とやっているので、今回は新しいシナリオが目当てです。PS2版は、音声などを追加したヴァージョンが後から発表されたのは気に食わないけど、概ねよい出来でした。(すっかりひぐらし房なボク(笑))
新しい要素である「感情入力システム」はまあまあ。そのぶんアドベンチャーの要素が強くなって、ちょっとクリアに時間がかかりました。テキストの多さはあいかわらず。まあでもサウンドノベルってそういう作品だから。
ああでもツリーはなんか使いにくかった。今どこにいるかわからないし。履歴もJUMPできないし。
新シナリオ「染伝し」は漫画版「鬼曝し編」がベース。2巻に続くそうなのでタノシミ。ジミなキャラ(笑)たちですが、声優さんが意外と豪華です。
でもでも総合的な感想としては、やっぱりDSのハードウェア(ゲーム機)としての限界を感じるということ。
音はヘッドフォンをすればそんなに引け目を感じないケド、グラフィックは小さいし、タッチ操作もしにくいし、字が読みにくい。容量の関係だろうけど、音声も格段に少なくなってる。なんで今更DSに移植するか意味がわからん。売れるからか( ゚Д゚ )?

「長時間やると、目が疲れるんだよ!」(ゲームは一日1時間だろっ(笑))
「次の日の仕事にひびくんだよ!!」(なら寝ろよっ(笑))
(↓絵が二分割!真ん中が消えてるし。なんかもうホントに「ウソだっ!!!」(笑))
c0157797_22223743.jpg

DSについては、まだ言いたいことがある。DS自体が悪いわけではないんだけどね。「どう森」とか死ぬほどプレイしたし。
でも、さすがに国民的なゲームソフトである「ドラゴンクエスト」の最新作が、「Wii」でもなく、「PS3」でもなく、機能が劣る携帯ゲーム機で発表されるというのは、ゲーム業界に対して怒りを通り越して不安を感じるよ。「FF」も「ゆとり」と「腐女子」のものってカンジだし、スクエニ終了だな。・・・まあ結局は「ドラクエⅨ」を買っちゃうんだけど(笑)

例のマジコン騒ぎに関しては、「ざまあ」ってカンジだな。ボクも「M3」ってマジコンを使ったことがあるので、えらそうなことは言えないけど。韓国とかDSソフトよりDS本体のほうが売れてる国があるのはマジ信じられない話だよね(笑)
クソゲー作るメーカーには「お前が言うな」ってカンジだけど、ユーザー自身も自分たちが業界を支えるって認識をもって、責任ある行動しないとね。・・・えっ?やっぱ「お前が言うな」ですか?(笑)

・・・話がそれました。
「ひぐらし・・・」の世界まだまだ楽しめそう。あとね、原作者、竜騎士07さんの別シリーズ「うみねこのなく頃に」もけっこう面白い。コチラもコンシューマー機に移植されるのがタノシミ。

・・・ただし、またDSはカンベンだけど(笑)
[PR]
by hisyamaro | 2008-08-11 13:02 | ゲーム