まったりヲタ生活


by hisyamaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あまり変化のない「むら」の生活が続くので、このプレイ日記も書く機会が少なくなってきました。

また「ふく」のデザインでもはじめようかな。


「ガビ」が引っ越して、新しい住民がきました。

c0157797_18101597.jpg


アリクイの「さくらじま」(笑)です。

なんか「オレ」系のどうぶつの出入りが続きますねえ・・・。

どつきまわして、噴火させたろか(笑)


「ローラン」が来たのに、じゅうみんが「ボロいじゅうたん」をくれません。

c0157797_1810384.jpg


c0157797_18105534.jpg


c0157797_18111064.jpg


全滅wwwwwwwwwwwwwwwwwww。初めてじゃないかな?



「ぺりみ」がボヤいてます。

c0157797_18112918.jpg


でも公務員は憧れの職業だと思うが、どうか(笑)
[PR]
by hisyamaro | 2009-05-25 17:56 | ゲーム
深夜枠でやっているアニメ、「けいおん!」がまったりとして面白い。

言わずと知れた、“京アニ”制作。キャラ、作監は「らき☆すた」と同じ、堀口悠紀子さん。

キャラクターの可愛さもさることながら、楽器を演奏する動きなどがとてもていねいに描けていると思う。

ここ数年・・・シンエイ動画の「クレヨンしんちゃん」の劇場版あたりから、なんかこんなカンジ(笑)の「いい動きをする」アニメが増えたように思うが、どうか。・・・なんかうまく表現できねえ(笑)

ヨメは、「頭がでかくて(目も)、手足が小さいキャラクターが、リアルな動きしてキモチ悪い」みたいな辛辣ことを言っていたが、ボクは好き(笑)

それはともかくこの「けいおん」。女子高生がバンドを組んで、武道館を目指すという・・・いまどき珍しい健全なアニメなのだ。・・・PCゲームとかが原作の美少女アニメとかウンザリ!あと、「●●BASARA」みたいなのも激しくつまらん!「歴女」乙wwwwwwwwwwww。

原作は「らき☆すた」と同じ4コマまんがってことなのだが、同じような女子高生のどうでもいいような日常がだらだらと描かれている。

「らき☆すた」もそうだけど、「つまんない」って思っている人が多いみたい(笑)

例えば、主人公の一人である女の子「唯」ちゃんが、軽音楽部へ入部を希望する理由が「軽い音楽で簡単なもの」と勘違いしたことなど・・・割とつまんないんである(笑)

でもこのゆるいカンジがたまらなく心地よいんだ。

たぶんこの「ゆるい」カンジのよさがわかんないんだろうな。残虐描写&エロの刺激的な内容ばかりの作品が氾濫しすぎなんだよ。ボクはこの手の美少女萌えキャラとメカを出しときゃいいって作品にはもうウンザリ。


音楽をやっている人は、楽器の描写にもニヤニヤするだろう。

唯ちゃんがギターが重いって言ってたエピソード。・・・“レスポール”って、ホントに重いんだよ(笑)。昔、ギターの先生所有の一本を弾かせてもらったことがあるんだけど。ハムバッカーの音ってあまくていいカンジなんだけど、ネックが丸くて太くて、ハイポジションがすごく弾きにくかった覚えがある。とにかく手の小さなボクには無理と思った(笑)・・・今は日本人の体格にあうモデルも出てるのかもしれんけど。女の子にはやっぱり重いのでは。

あと、初めて学園祭で演奏するエピソードとか、昔の自分を思い出した人も多かったのでは?まあボクは緊張したことしか、覚えてませんけど(笑)・・・初ステージがあんな風に受ければいいよねえ。


で、主題歌。これが「バンド」ぽくってGood。・・・ほんとに女子高生ががんばって演奏してそうなカンジ(笑)

OPは唯ちゃん(豊崎愛生さん)がメインの「Cagayake!GIRLS」(豊崎さんは、「ネットゴーストPIPOPA」で「プー」の声をやってた人ですね)。



EDは澪ちゃん(日笠陽子さん)がメインの「Don't say "lazy"」。



もちろん、OPとEDをポチっと購入。どちらも、すぐ、口ずさむようになっちゃった。

これからの放送がタノシミだなあ。


もうひとつ、おまけ。

「けいおん!」は、福岡では、RKB(TBS系)で土曜深夜3時前に放送してて、その裏では同じ京アニの「涼宮ハルヒの憂鬱」がTVQ(テレビ東京系)で再放送中なのだが・・・。

その「ハルヒ」でいきなり新作「笹の葉ラプソディ」を放送!新作があるとは聞いてたけど・・・。まさかこんな形で(笑)

とりあえず、福岡での放送は数日タイムラグがあったので、無事録画できたよ。よかったよかった。

まったくとんでもないサプライズだよ(笑)
[PR]
by hisyamaro | 2009-05-24 23:30 | アニメ
「くろいバラ」が3つ咲いたので、「きんのバラ」も3つに。

c0157797_17261112.jpg



↓つい最近引っ越してきた「ガビ」が引っ越すとのこと。

c0157797_17265938.jpg



↓なんだこりゃ?・・・「ベン」が着替えでまわっているとこ(笑)

c0157797_17273038.jpg


&蔑むような目つきで「ベン」を見つめる(笑)

c0157797_17283779.jpg



人の家のモノをいじると・・・。

c0157797_17285860.jpg


・・・文句を言われる。

c0157797_1729159.jpg


・・・気分悪いな。このテキストは、ちょっと陰湿なカンジがするんですけど。ねえ、任天堂サン(笑)


「きょしょー」が久々に登場!(2回目)

c0157797_1729449.jpg


なんかもう棺桶に片足・・・・あわわっ・・・なんでもない(笑)・・・つうか“認●症”すか。ADLはⅡb以上だな(笑)

しかし“ひらめくネタ”でリアクションをげと。

c0157797_17301677.jpg



「かっぺい」が「はとの巣」に。

c0157797_1731712.jpg


昔、船漕いでたもんな。運転中に船漕がれても困るよ(笑)
[PR]
by hisyamaro | 2009-05-18 12:45 | ゲーム
「ガ」は、夜だけ窓のあかりにあつまるとのこと。

c0157797_021960.jpg


「オリビア」の家の窓に発見。げとしました。


「アメンボ」が川の水面をすいすい泳いでいるので捕獲。「ゲンゴロウ」同様、川辺に近づいて来ないとナカナカ捕獲できない。

c0157797_0214327.jpg



「エンゼルフィッシュ」をげと。夜に釣れるサカナみたい。もちろん淡水魚だよ。

c0157797_0221294.jpg



「グレース」に初めて褒められた。わ~い!

c0157797_0223140.jpg


店の商品が10%引きで購入できるとのことだが・・・今“変な”デザインのふくが多いねえ(笑)

せっかくなので、「バスローブ」、「レザー・ベスト」なんかを購入。

しかし、評価してもらうために変な髪型になってしまった。明日、「カットリーヌ」さんとこで直そう(笑)
[PR]
by hisyamaro | 2009-05-10 22:33 | ゲーム

最近お気に入りの音楽③

ベースを弾いたことのある人なら、一度は「スラップベース」というスタイルを耳にしたことがあるだろう。

ちょっと昔なら、「チョッパーベース」なんて呼ばれていたこともある。ベースを打楽器のように叩く奏法で、60年代末から「ラリー・グラハム」という黒人ベーシストが創めたと言われている。

ロック好きなら「レッチリ」の「フリー」がプレイしているのをみたことがあるだろう。名手と呼ばれる人は、本当にたくさんいる。始祖の一人と呼ばれる「ルイス・ジョンソン」という黒人ベーシストや、日本では「鳴瀬喜博」さんあたりがオーソリティとして有名だ。しかし人気・実力ともにNO.1を一人あげろと言われれば、80年代に復活した「マイルス・デイビス」のバンドでの活動で知られる「マーカス・ミラー」だろう。

マーカスのスラップ・ベースと言えば、そのジャンルを超越した絶妙なグルーブ感、強力なテクニック、音選びのセンスの良さもさることながら、アクティブ・サーキットを内臓したベースから紡ぎ出される魅力的なその豊かな音色が、一度聴いたら忘れられない。

と言っても、ここで今回の話の中心なるのは、マーカス・ミラーではない。

マーカスの後に出てきた80年代のベーシストたちは、彼のフォロワーばかりで、気持ちのいい音だが、特徴のないモノばかり。あいかわらず、ファンクやフュージョン、ポップスなどでこの奏法がもてはやされていたが、正直、ボクは聞き飽きてしまった。・・・しかし、そこにモノスゴイ奴が登場する。

「LEVEL42」の「マーク・キング」である。

ちなみに、「銀河ヒッチハイク・ガイド」というSF小説を読んだ方なら、このバンド名に“ニヤリ”とするかも(笑)

彼のベースはスゴイ。とにかくスピーディ!マーカスが美しく洗練、進化させた「スラップ・ベース」が台無しである(笑)

このころ・・・80年代の彼は、とにかく潔いくらい、速さにこだわっていたみたい(笑)↓初期LEVEL42が、ジャズファンクをやっていた頃のライブ演奏では、こんなカンジ。



さらにソロアルバム「インクレディブル・ファンク・ベース」(原題:「Influences」・・・邦題は「ウェス・モンゴメリー」のアルバム名からとってるのかな。)に入っているベース・ソロは圧巻!速い速い(笑)

Influences

Mark King / Polygram International



ここでスラップ・ベースの演奏方法をもうちょっとくわしく説明してみると、ベースの弦を、右手の親指で叩いたり(サムピング)、人差指で大きく弾いたり(プリング)する・・・ちょうどドラムのバスドラとスネアみたいな音を出すようなイメージで演奏される。

マークの演奏は、まさに“ドラム”(笑)・・・まあ、もともとドラマーだったらしいんだけど。

彼はドラマーだから、さらに左手で弦を叩いた音(音程はない)・・・ミュート音を右手のスラップ音に交えることによって、高速スラップ奏法が可能になったのだ。しかも左手のミュート音と右手の実音の組合せによって、より複雑なパターンを作ることが可能になった。

彼の登場により、スラップ奏法はより高速かつ緻密なものへと進化し、世界中のスラップ・ベーシストたちに大きな影響を与えた。

で、ただ速いスラップベースを弾くだけなら、その後たくさんの凄腕ベーシストたち・・・例えばタッピングもこなす「ビクター・ウッテン」などがいるのだけど、マークのさらにスゴイところは、歌いながら弾くことだ(笑)



16分の細かい高速スラップと、ジェフ・バーリンばりの力強い速弾きツーフィンガーのラインも弾きながら、メイン・ボーカルとコーラスもやっちゃうのである(笑)・・・「プライマス」の「レス・クレイプール」もスゴイベースを弾くけど、ボーカルとってるときベースは休んでるもんな(笑)

「ポール・マッカートニー」のような曲を大切にするベース・ラインを弾くベーシスト兼ボーカリストも大好きだが、マークのような存在もカッコイイよね。そうそう、同じような理由で、「ラッシュ」の「ゲディ・リー」も魅力的なベーシストだな。

ボクは幸運にも一度だけライブ演奏を観たことがある。

アルバム「フォーエバー・ナウ」(原題:「Forever Now 」)発表後、94年頃の来日時。しかし、これがLEVEL42の解散ツアーだった。お客もそれほど多くはなかったが、マークはサービス精神たっぷりにすばらしい演奏を聴かせてくれた。この時はスーパー・ドラマー、「ゲーリー・ハズバンド」は来なかったんだけど。ライブであまり演奏することのない隠れた名曲「カンサスシティ・ミルクマン」も演奏してくれたので感動。そうそう、最後に握手もしてくれた。ルックスは怖そうだけど(笑)、ほんとに気さくでいい人だ。感謝。

バンドは解散したまま、マークはソロ活動を続けていたようだが、2006年に復活。新作「Retroglide」(輸入版)を引っさげてツアーもおこなった。

このアルバム、正直、聴き所は1曲目「Dive into the Sun」と5曲目「Sleep Talking」くらいで、ちょっとこじんまりしたアルバムという印象が強い。

ポップス路線に変更した、最盛期の「World Machine」や「Running in the Family」。故A・マーフィーが名演を遺した「Staring At The Sun」。そしてA・ホールズワース参加の「Guaranteed」など。・・・それら粒ぞろいの作品群と比べると、どうしてもアルバム1枚を通して聴く気にはなれないなあ。

しかし、最近、このツアーの模様を収録したDVD「RETROGLIDE TOUR」(2008年)をポチっと購入。

Retroglide Tour [UK Import] [DVD]

Mark king / Level 42



これが、カッコイイの!

相棒のマイク・リンダップ(key)のファルセット・ポイスの衰えは隠せないけど、相変わらずのクオリティの高い演奏に感動。ほぼ毎日、聴きまくってます(笑)

↓「つべ」に画像が落ちていたので、貼ってみる。



・・・こういうのを観ると、また、ベースの練習をしてみようかと思う、今日この頃なのだ。
[PR]
by hisyamaro | 2009-05-07 13:05 | オンガク
5月5日は「こどもの日」じゃ(笑)

「そんちょう」から「しんぶんしのかぶと」をもらう。

c0157797_23103678.jpg


あと、任天堂からメールで「こいのぼり」がとどくはず。


新しい住人は「ガビ」っていうクマだよ。

c0157797_239543.jpg


なんかいつも不機嫌ってカンジだな。


「カエル」が釣れた(笑)

c0157797_2311935.jpg


「あみ」ではなくて、「つりざお」で釣るのね。

c0157797_23114990.jpg


って、オマエは「青空球児・好児」か!(笑)


やっと「ぎんのオノ」をげと。えらい時間がかかった(笑)

c0157797_23143933.jpg


今回のパターンは、

めがみ:「もし、あなたのおとしたのは・・・」

「ふつうのオノ」を選択。

めがみ:「まあ、なんと正直な・・・」

で、ゲットしました。・・・いささか拍子抜けだな(笑)

c0157797_23152585.jpg


とりあえず、ヨメに貸し出すことにしますた。
[PR]
by hisyamaro | 2009-05-05 23:30 | ゲーム
5月にはいって、新しい“ムシ”と“サカナ”が登場。

さっそく、川の水面を泳いでいる「ゲンゴロウ」をあみで捕獲。

c0157797_2351537.jpg


c0157797_2355554.jpg


「アカエリアゲハ」も捕獲。正式名称は「アカエリトリバネアゲハ」・・・って、いったいどこの国のチョウだよ(笑)


「マコト」がいよいよお引越し。

c0157797_2362691.jpg


あまり、君とは思い出が作れなかったが・・・またどこかで会おう。さらば。



ボクがつくった「あかいバラ」の畑にやっと「くろいバラ」が咲いた。

c0157797_2365888.jpg


ヨメは、たった2株を植えただけですぐに咲いたのに(笑)

オイラは4ヶ月以上かかったよ。とほほ。
[PR]
by hisyamaro | 2009-05-03 23:30 | ゲーム