まったりヲタ生活


by hisyamaro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
というわけで、平成21年2月21日にアクロス福岡で行われた、交響組曲「ドラゴンクエストⅨ」のコンサートに行ってまいりました。

c0157797_17222665.jpg


実は、クラシック・コンサートはなんとなく敷居が高かったので、今まで行ったことがなかったのです。

おまけに、最近ボクは出不精で・・・。

しかし、「すぎやま先生の指揮(!)で、九響の演奏(!!)と豪華だから、見逃す手はない」というヨメの説得もあり、観にいくことになりますた。


開演30分前くらいに会場に着くと、1Fのフロアにはすでに100人以上のお客が待っています。

しかも、その7~8割くらいの人が任天堂DSを開いている!!わはは!!

もしかしたら、ここだけで100人以上の「すれ違い通信」!!(笑)。わはは!!

すごい異様な雰囲気(笑)・・・よその人から見たら、さぞキモチ悪かったろうなあ(笑)

そういう私とヨメも、しっかりDSをもってきてたりして(笑)

結局、休憩時間を含めて130人以上とスレ違い・・・すれ違いました(笑)

みなさま、乙であります。


当日の演奏曲目は、アンコールを除いてこのCD(↓)と同じ。もちろんポチっと購入済。

交響組曲「ドラゴンクエストIX」星空の守り人

東京都交響楽団 すぎやまこういち / キングレコード



ボクとヨメの席は、かなり後ろのほうだったのですが・・・

とにかく、すばらしかった!本当に来てヨカッタ!

大好きな「ドラクエ」の音楽が、生オーケストラで聴くのがこんなにスゴイなんて!

なんて、繊細で、華麗で、豪快で、壮大で、そして美しい世界!たくさんの楽器の音が合わさって、紡ぎ出される音の洪水!ハーモニー!

クラシック初体験で思ったのは、ジャズのような音楽とは違うベクトルの演奏技術の高さです。

ジャズや一部のロックのような音楽では、多少のノイズやミスも気にせずにウルトラCの演奏をするのでしょうが、クラシック音楽ではそうしたノイズやミスのない完璧な演奏をすることが当たり前。そのうえで旋律を美しく表現する音楽だと思います。

バイオリンなどの弦楽器の艶やかな音色は、もちろん素晴らしかったのですが、ボクが驚いたのは、「オーボエ」と「ハープ」の音色です。

とくにハープ!

あんなにたくさんの楽器の中で、美しい音色が大きく響き渡るとは思いもよりませんでした。とくに2曲目の「天の祈り」は、美しい旋律に涙が出るほど感動!思わず泣いちゃったのは、生クラプトンの「ティアーズ・イン・ヘヴン」を聴いて以来でしょうか。

でも、やっぱりこんなに感動するのは、すぎやま先生の書く曲が素晴らしいからだろうな。つまんないメロディはどんなに飾り立てたって、心には届かないし、耳にだってのこらない。

すぎやま先生のお話もたいへん楽しく聞かせていただきました。ありがとうございます。しかも、チケット代が5,000円という安さにはビックリ!レベルファイブ様ありがとうございます(笑)

ドラクエの序曲、やっぱり国歌にならないかなあ・・・と思うくらい大好きです。わはは!



ところで、となりで演奏中に歌ってたヤツ!馬鹿じゃねえの!手拍子もしてたし(笑)。ありえねえ!馬鹿すぐる!いくら「ファミリー・コンサート」っていったってなあ、マナー知らずにもほどがあるんだよ!DQNは氏ね!
[PR]
# by hisyamaro | 2010-02-23 12:58 | オンガク

コヤブ・ボード

というわけで、国産の“タッピング”楽器、「コヤブ・ボード」を購入しますた(正確にはメイド・イン・チャイナなのだけど)。

c0157797_12451456.jpg


購入を決定した主な理由は、以下の2点。

①価格が安い!・・・ボクが手に入れたのは“TINY”という一番安いモデル(定価147,000円)だけど、アウトレット品だったので、10万以下で購入。ボディの塗装面などに若干難アリということだったのだけど、大きなキズなどは目に付かない。もちろん音もちゃんと出る(笑)

②専用弦がなくても、ギター弦・ベース弦を使用できる。・・・チャップマン・スティックは専用弦しか使用できない。入手先も限られているし、1セット5,000円~。だから、楽器店でバラで購入できるコヤブボードのほうが便利。ボクは10数年前、「スタインバーガー」のギターを購入したのだけど、交換が簡単な専用弦を使用するものだった。専用弦が箱売り(10セット)でしか購入できなかったので、経済的にも、入手にも、たいへん苦労した覚えがある(結局、普通の弦が使用できるアタッチメントを購入しそれは解決したのだけど・・・)。

さらにコヤブ・ボードとチャップマン・スティックの比較をすると、

スティックが34~36インチスケールなのに対して、コヤブボードは30インチスケール。・・・手の小さいボクには少しでもショートスケールで軽量なものがいい。

スティックが中央から外側に向かって低音弦→高音弦の構成になっているのに対して、コヤブボードは、その逆・・・外側から中央に向かって低音弦→高音弦の構成になっている。

さらにスティックが演奏者側に低音パート、その反対が高音パートになっているのに対し、コヤブボードは演奏者側に高音パート、反対側が低音パートになっている(スティックが両手を交差する(クロスする)システムなのに対して、コヤブボードはアンクロス・システムと呼ばれているようだ)。

コヤブボードは、低音弦側は左手、高音弦側は右手で演奏することになるため、基本は専用スタンドで固定して、アップライト・ベースのように構えて演奏する。

c0157797_12455529.jpg


マニュアルに書いてある基本チューニングは、(12弦)C#-F#-B-E-A-D-B-E-A-D-G-C(1弦)。高音パート(12~7弦)は4度チューニングなので、ギターやベースをやっている人なら、割りとわかりやすいと思う。逆に低音パート(6~1弦)は、5度チューニング。外側から内側の配列になっているので、ちょっと混乱します(笑)

スティックを演奏したことがないので、はっきり断言できないのだけど、ギターやベースを演奏する人にとって、弦の配列が完全に異質なスティックを演奏するよりは、コヤブ・ボードのほうがはるかに「とっつきやすい」と思う。メロディはすぐに弾けるもんな。

↓指版上の音を把握するために、簡単な表をつくってみた。

c0157797_17113124.jpg


例としてCのメジャー・スケールも載せたのだけど、やっぱり低音パートが難しそう(笑)。

コヤブ・ボードのホームページにもタブ譜はのっているのだけど、楽しく練習できるように「チョ○ボのテーマ」の一部をタブにしてみた(↓)

c0157797_17114899.jpg


あと、

タッピング楽器は、きちんとミュートすることが大切。指版と弦の間に、消音用のスポンジみたいのがはさんであるんだけど、きちんとミュートできないので、とりあえずヨメの髪留めをもらってつけました(↓)。

c0157797_12495813.jpg


なんか毛みたいにモジャモジャ(笑)。そのうちかっこいいのをつくってもらおう。

・・・練習をがんばってみるけど、ちゃんと演奏できるようになるのは、いつのことやら。トホホ・・・。
[PR]
# by hisyamaro | 2010-02-05 23:30 | オンガク
プログレッシブ・ロック・バンド「キング・クリムゾン」

ロック・・・いや音楽史上に偉大な軌跡を残すバンド。ボクが一番好きだったのは、80年代(第2期?)の作品「ディシプリン」だ(「レッド」と「太陽と戦慄」も大好きです)。

ディシプリン

キング・クリムゾン / WHDエンタテインメント



ディシプリン=戒律というタイトルからもわかるように、修練をつむ修行僧のような演奏(笑)。ボクは、このアルバムのライブ演奏をビデオで観てから、大ファンになってしまった。

しかし、プログレ・ファンからはすご~く、評判が悪い。↓たぶん悪い原因はこの曲のせい(笑)



「エレファント・トーク」(意味:無駄話)のタイトルどおり、エイドリアン・ブリュー先生による「象の泣き声」が衝撃的(笑)。ぱお~ん!

この曲のほかにも、アルバムタイトル曲「ディシプリン」、異なるリズム(7拍子と6拍子?)のギター2本が複雑に絡み合う、「フレーム・バイ・フレーム」や、“プライマス”もカバーした「セラ・ハ・ジンジート」など、ウルトラCの難易度の曲ばかり。

この当時メンバーは、

ロバート・フリップ卿のギター。

エイドリアン・ブリューの(変態)ギターとボーカル。

ビル・ブラッフォードのドラム。

そして、ベースと“スティック”担当のトニー・レヴィン。

ちなみに、90年代クリムゾン(第3期?)は、このメンツにさらに、ドラムとウォーギター(タッピング楽器)を加えた“ダブルトリオ”編成でスゴイ演奏なので、ぜひ・・・観て(長門風に)。


動画を見ていただくとおり、この“スティック”が実に面白い楽器。

c0157797_1823198.jpg


でっかいフィンガーボードに8~12本の弦が張ってある楽器で、両手8~10本の指でタッピング(弦を叩いて音を出す)による演奏する。

弦は中央より、左側(演奏者側)が低音パートと右側(演奏者と反対側)が高音パートに分かれており、弦は内側から外側へ、低⇒高という構成になっている。シンメトリックな構造は、とてもインパクトがあるだけでなく、視覚的に音の構造を理解しやすくなっているとのこと。

一般的な4度チューニング(10弦モデルの場合)は、(10弦)E-A-D-G-C-F#-B-E-A-D(1弦)。ミュートするので、開放弦はつかわないのだけど。プレイスタイルによって、チューニングは様々のものがあるようだ(ていうか、かなり自由度が高いらしい)。

演奏する際、左手は低音側、右手は高音側を演奏するので、手を交差するような状態になる。ストラップだけでなく、腰のベルトに本体を固定して、体に対して少しナナメの状態で演奏。ちょっとかっこ悪いかも(笑)


↓トニー様は、ピーター・ゲイブリエル(笑)のバンドでもこの楽器をプレイしていた。



ボクが観にいったピーター・ゲイブリエルの(94年の)大阪公演のときは、指に棒切れを付けて弦をたたく「ファンクフィンガーズ奏法」(!)もやってた。本当にすごいベーシストだと思う。


トニー・レヴィン以外で、この楽器をプレイしている人は少ない。80年代に活躍した英国ロックバンド、カジャグーグーのベースの人くらいしか知らない。日本では、渡辺香津美さんのバンドにいたベーシスト、バカボン鈴木さんくらいだ。ここにあげた人たちは、みんなスティックをベースの代わり(+α)に使っているが、チューニングによっては、5オクターブ以上の音域をカバーしているので、ピアノ的な演奏をする人たちもいる。



スタンリー・ジョーダンのようなプレイスタイルのギタリストや、ジェニファー・バトゥン女史、TJ・ヘルメリッチのようなタッピングの達人たちが、この楽器を使わないのは不思議だ。もしかしたら、前述したように見た目がかっこ悪いからかな(笑)。ぶんぶん振り回したり、ステージを走り回ったり、ロック向きじゃないもんな。


ボクは、この魅力的な楽器をずっと手に入れたいなと思っていたけど、次のような理由でナカナカ手が出せなかった。

①高価であること。だいたい50万くらい。中古でも30万(笑)。最近になって、オークションで比較的安価で取引されるようだけど、それでも20万以上。

②演奏技術を習得するのが非常に難しい。ウワサでは、あの渡辺香津美先生も途中で投げ出したそうだ。ホントか?

③いつも品薄状態。スティック製作者のエメット・チャップマン氏は、日本(人)がキライで、なかなか日本にはいってこない。地方の楽器店ではまずお目にかかれない。

ああ、でも後ろ髪ひかれるなあ・・・。お金さえあればなあ・・・(笑)。

と思っていたところ、スティックの代わりになりそうな楽器を発見。こちらのほうについて次回は書いてみたいと思う。
[PR]
# by hisyamaro | 2010-01-22 16:56 | オンガク

カレーの店 「路」

宗像にある有名なカレー屋さん、「路」にいってきました。



今回は2度目。家族3人でいってきました。しかし、遠かった・・・40分近くかかったよ( ̄□ ̄;)

c0157797_13503945.jpg


ここのカレーの特徴は、野菜、肉をしっかり煮込んでトロトロになったソースでしょう。

・・・なんと表現したらいいか・・・そう、2日目のナベにこそげついたルウのような濃厚な味(笑)

ほのかにこげたような香りは、しっかり炒めたタマネギがはいってるせいかな?

一般的なカレー・ソースよりも、野菜の甘みと酸味も感じました。とてもオイシイ。

スパイシーなカレーが好みの方は、口にあわないかもしれません。


さらに、この店の売りは“定食屋”でもあることです。

「から揚げ定食」「しょうが焼き定食」「とんかつ定食」などの定食があり、カレー(小盛)とのセットもあります。

今回、ボクは「メンチカツ」のセット。ヨメは「骨なしから揚げ」のセット。ムスメは「チキン照り焼き」のセットを注文。

c0157797_13512879.jpg


肉汁があふれるメンチカツは、特製のタレにつけていただきます。とてもうまい。

から揚げ、チキン照り焼きも味見したけど、とてもおいしかったです。付け合せのポテトサラダも卵がたっぷりはいって、Good。特製の自家製ドレッシングも美味。

c0157797_13514970.jpg


ちょっと遠いけど、また行ってみたくなるお店です。
[PR]
# by hisyamaro | 2010-01-17 23:30 | タベモノ

最近お気に入りの音楽⑤

チョーwwwwwwww遅ればせながら、「iPodnano」を購入。

車で聴こうと思って、FMトランスミッターなども購入したのだけど、通勤時間が短いので、1~2曲しか聴くことない(笑)

16Gあるから、1,000曲以上は軽く入るのに(笑)

おまけに肝心の「itune」がとても使いにくい。CDをインポートするのがとても面倒です。

でも、これからもCDは購入しちゃうんだろな。ジャケットも作品の一部って感覚もあるから、紙ジャケなんか出たらやっぱり買っちゃう(笑)

「YES」の作品群のロジャー・ディーンの描いたやつとか、「クリムゾンキングの宮殿」とか(笑)。RTF(リターン・トゥ・フォーエバー)の「浪漫の騎士」のジャケとか大好きだったなあ。


で、

最近購入した一番のお気に入りは、スガシカオさんの「はじまりの日」。

はじまりの日 feat.Mummy-D(期間生産限定盤)

スガシカオ / BMG JAPAN Inc.





アニメ「テガミバチ」のOP曲だ。ちなみにEDは、大好きなHIMEKAさんが歌ってる。

地上波放送分は、土曜の22:55ってへんな時間にあっているので、しょっちゅう見逃してしまう。ちなみに前番組の今川版「マジンガー・・・」もそうでしたけど、AT-Xのほうでじっくり視聴させていただいてます。

本編は・・・いいですねえ。毎回、ラグの涙にもらい泣きしてます(笑)。大好きな沢城みゆきさんがでてるのもあるけど(笑)

いいなあ・・・みゆきさんヽ(・∀・ヽ)スッキ(ノ・∀・)ノ スキスキ 。+゚ヽ(・∀・)ノダイスキー。+゚


しかし、このOPについては、ちょっと不満があります。CDを買った人はきっと禿同してくれるに違いない(笑)

“ラップ”がいらない(笑)。ラップやってる人には悪いけど(笑)。ここにギターソロ・・・リズムパートのソロでも意外にマッチするかも・・・をいれてほしいな。

スガさんの歌詞はリズムのウラを意識しているので、こうしたジャンルの音楽とは相性がいいような気がするのだけど、実際は本編の歌詞とラップの歌詞がマッチしていない。

なんかえらそうな歌詞なんだよ(笑)・・・中2のような歌詞(笑)

ボクは、もともとラップとかヒップホップみたいなジャンルと、それに付随するカルチャーはキライだったけどね(笑)。ちなみにレゲエや最近のR&Bもキライです(キリッ)。最近のR&B(とくに日本の)って・・・どう考えても“リズム・アンド・ブルース”ではないでしょう(笑)。“ディーヴァ”とか、チョーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。ああキモチワルイ。

スガさん、アルバムにこの曲入れるなら、ラップの部分はカットしてくださいね!

カラオケでは、ラップのとこ、絶対スルーしちゃる(笑)


あと、ドラム教室でこの曲(タイトル曲)を練習しているので、ポチっとしますた。

フール・フォー・ユア・ラヴィング+5

ホワイトスネイク / ユニバーサル インターナショナル





もちろん、今まで聴いたことはあったのだけど。やっぱりイアン・ペイスはすごいですねえ。

ディープ・パープルの「BURN」とかも叩けるようになれたらいいのに・・・たぶん無理(笑)
[PR]
# by hisyamaro | 2009-12-10 23:30 | オンガク